組織と個人の思いを結び、独自のスタイルを持つ会社でコーチングが活きる!コーチング研修・セミナー・マンツーマンコーチング等効果的な導入方法をご提案します。

引き寄せる聞き方

2014/02/17

こんにちは。稲垣陽子です。

先日ある会で、三越伊勢丹ホールディングスの社長、大西洋さんの講演を拝聴しました。
すると、私の目の前に、デザイナーの山本寛斎さんがお座りになったのです。
ミーハー(今時言わない?)な私としては、話を聞きながらもついつい寛斎さんに興味津々。
真後ろだったので、オーラが直接感じられます。

その中で、私が感動したのは寛斎さんの聞き方でした。

身を乗り出し、一言一言を真剣に聞いている。
深くうなずきながら、まるで自分だけに話しかけられているように、全力で聞いているのが伝わってきます。
それがパフォーマンスでないことは、うなずくポイント等を見ても分かります。

人の話を聞くとき、私たちの脳はかなり余裕があります。
聞きながら、色々なことを考えたり、意識を向けたりすることができます。
なので、自分に必要なことは聞き耳が立つけれど、そうでない時は聞き流す、なんてこともあるでしょう。

しかし、今回寛斎さんの聞き方を見て、自分に必要なことだから聞き耳を立てる、のではなくて、
自分に必要なことを引き寄せるような聞き方ができるのだな〜と思いました。

ということで、今週は引き寄せるような聞き方を心がけてみましょう。
そのためには会話中の聞き方ではなく、会話を始める前の準備が大切です。

会話を始める前に、
1、自分が今聞きたいことは何か意識を向ける
2、自分が理想とする会話をイメージする
3、相手から聞きたい言葉(内容)を整理する

良かったら試してみてくださいね。
apple

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

LINEで送る


TOPページご挨拶会社概要&プロフィールビジネスリンク集面談予約&お問合せ
社長インタビュー社内ドキュメント経営者コーチング実例・社員教育プログラム実績【社長.COM】メルマガYoko'sブログバックナンバー

▲このページの先頭へ
社長と社員の思いをつなげる【社長.COM】 このサイトのHOMEへ戻る 社長のためのコーチングサイト【社長.COM】 ご挨拶 会社概要&プロフィール ビジネスリンク集 面談予約&お問合せ