組織と個人の思いを結び、独自のスタイルを持つ会社でコーチングが活きる!コーチング研修・セミナー・マンツーマンコーチング等効果的な導入方法をご提案します。

月別アーカイブ: 2013年9月

ひとりじゃないって〜〜ルルル♪

2013/09/21

先日は半日だけでしたが、三重県の新任教頭研修で、教頭先生に向かってお話をさせていただきました。

 

私の研修は短時間でも必ずワークを入れるようにしています。

参加者同士、テーマに沿って、日頃思っていることを話してもらうのですが、話す度に、顔つきや雰囲気がどんどん変わってきます。

 

緊張感がどんどん抜けて、ゆるやかな雰囲気に。

穏やかだけどパワフルで、目の前の人との会話を楽しんでる。

その雰囲気は、私のところまで流れてきて、いつも泣きそうになります。

 

そんな時は、大抵音楽が頭の中を巡るのですが、先日の研修では、

「ひとりじゃないって〜〜すてきなことね〜〜♪」

という天地真理の曲。ご存知でしょうか・・・。

(もちろん私もリアルタイムで聴いたことはありません、念のため・・・)

この曲が流れました〜笑。

 

人が誰かと良質な話をする、それだけで、

 

自分と同じようなことを考えている人もいるんだな、

みんなそれぞれで悩んでいるんだな、

同じようなところで、みんなつまずくんだな、

 

そっか、自分は一人じゃないんだな・・・。

そんな実感を味わうことができます。

 

それが、人に余裕をつくり、目の前の人を感じるスペースを作るのではと思います。

スペースができれば、目の前にこびりついている問題とも、少し距離を置いてみることができます。

すると、自然と解決策が出てきたり、解決策がでなくても、立ち向かっていく勇気がよみがえってくるように感じます。

 

逆に、問題で凝り固まっている時は、独りになっているよ、というサインかもしれません。

ちょっと誰かに相談をしてみたり、意見を求めてみる。

 

できるだけ、そのことについて話すのがオススメです。飲んで気を紛らわすというのもありですが、うまく伝わらなくてもいいから、話してみる。
アウトプットする思考の中に、まだ見ぬ可能性が現れてくるかもしれません。

どうぞステキな週末を。

大変!に飛び込ませる

2013/09/16

こんにちは。稲垣陽子です。

先日、高校生レストランで有名な「相可高校のまごの店」に行ってきました。IMG_1089

三重県にある高校ですが、生徒達が調理クラブの一環として運営していて、その取り組みが話題になり、情熱大陸で取材されたり、ドラマにもなりました。ご存知の方も多いかと思います。

生徒達は学校があるので、レストランは土日のみの運営。
仕込みのために朝早くから夜遅くまで活動しています。

でも課外クラブなのでその裏には先生がいるはず。

よくテレビに出ている立役者の村林先生は、意志があるので全力で取り組んでいます。
その様子はテレビでも伝わってきます。まさに目的に向かって進むリーダーの姿です。

しかし、その裏にいる周りの先生や大人達はどう思っているんだろう・・・。

そんなのが気になっていました。

今回、桑名商工会議所さんの計らいで、食事後にミニ講演会をご用意していただき、教務主任の女性の先生にお話を聞くことができました。
そこで、
「こんなに大変でプライベートも削られる、村林先生も厳しい、反発したくはならないのか」
と聞いてみました。

すると
「本当に大変です。でも、村林先生がいなかったら、自分はこんな体験をすることはなかった。するとは思わなかった。普通に先生をして定年を迎えていたと思う。こんな体験ができていることが楽しくてしかたないんです。」
と嬉々として話してくれました。

実際に、相可高校の食物調理科を希望してくる先生は、誰もいないそうです。
でも、実際に赴任をすると、異動希望を出す先生も一人もいないそうです。

「すごく!大変」でも、
この人についていったら楽しいことがある、
まだ見ぬ体験ができそう、

大変だけど、そんな未来の可能性を感じさせてくれるのでしょう。

それは、村林先生のどんな姿にそう感じるのかを更に聞いてみると、

・自分も大変だけど、村林先生はもっと大変で、手を抜いていない
・村林先生の行動のすべては生徒にプロフェッショナルになって欲しいと言う目的のためだというのが分かっているので、納得感がある。
・村林先生にできないところで自分ができるところを分かってくれていて、その部分をきちんとリスペクトしてくれている

そんなことを教えてくれました。

「大変!大変!」

それを避けるのではなく、それに飛び込ませるチームを作ることはできるのですね。

 

コーチングライブ10/20『社長コーチ 稲垣陽子が伝えるエグゼクティブコーチングのポイント ~相手のリーダー力をアップする関わり方~』

2013/09/13

DPP_110522_0008久しぶりにコーチングライブを行います。
今回のスピーカーは私・・・。

日頃、エグゼクティブの方、社長の方をコーチングする際に、私が気をつけていることや、誰にでもあるその人の「リーダー力」を上げるためにできることについて、おつたえさせていただきます。

 

日時: 2013年10月20日(日))
13:30~17:00(受付13:00~)
場所: コーチング・ステーション
名古屋市中区金山1-14-9 長谷川ビル8F
内容:
★13:30~ ワークショップ
・リーダーの光と影を理解する
・リーダーを取り巻く関係性の法則を知る
・リーダーサポート力を磨く
1)感情キャッチ力を高める
2)キーワードの拾い方
3)直感をフィードバックする

今回は、特別編として、社長専門コーチとして10年以上キャリアを積んできた、稲垣陽子に、社長(リーダー)をコーチする際に知っておきたいポイントについて話してもらうことになりました。

よく、エグゼクティブコーチングと普通のコーチングは違うのか、という質問を受けます。コーチングそのものに大きな違いはありません。
しかし、コーチをする側に、知っておいた方がいいことがあると感じています。

昨今、社会が真のリーダーを求めてきているように感じています。
その分、リーダーを担った人々にのしかかる責任やプレッシャーは、重くなってきているように感じています。

彼らたちが、スムーズに自らのリーダー力を発揮できるようになるために、周りがどんなサポートや関わりをすることができるのか、私の体験を元に、お伝えしたいと思います。

よって、今回は、コーチングを全くご存じない方には難しいかもしれません。
ただ、コーチングは知らないけれど、日頃からリーダーと接していて、うまくいって欲しいと願っている方など、下記の方にはお役に立てると思います。

・目の前のリーダーとうまくつき合えるようになりたい方
・社長のサポートなどをされている立場の方
・将来、自分がリーダーになりたい方
あるいはご自身がすでにリーダーの方
・リーダーを育てたい方
・コーチングを勉強している方で、自信を持ってリーダーや社長のコーチングができるようになりたい方

エグゼクティブというと硬いイメージもあるかもしれませんが、YOKOの特徴である、温かさ、軽さ、をベースに、演習も織り交ぜながら行いますので、楽しみながら学んで頂けると思います。
ぜひお会いできることを楽しみにしています。

詳細及びお申し込みはこちらから →

http://www.coaching-syst.co.jp/coaching/live.html

 


TOPページご挨拶会社概要&プロフィールビジネスリンク集面談予約&お問合せ
社長インタビュー社内ドキュメント経営者コーチング実例・社員教育プログラム実績【社長.COM】メルマガYoko'sブログバックナンバー

▲このページの先頭へ
社長と社員の思いをつなげる【社長.COM】 このサイトのHOMEへ戻る 社長のためのコーチングサイト【社長.COM】 ご挨拶 会社概要&プロフィール ビジネスリンク集 面談予約&お問合せ