組織と個人の思いを結び、独自のスタイルを持つ会社でコーチングが活きる!コーチング研修・セミナー・マンツーマンコーチング等効果的な導入方法をご提案します。

月別アーカイブ: 2014年5月

コーチの見つけ方

2014/05/29
こんにちは。稲垣陽子です。
本田健さんの著書、
「才能を見つけるためにしておきたい17のこと」(だいわ文庫)の中に、パーソナルコーチをお願いする(p161~)という項目があります。

自分の才能を見つけるためにはコーチをつけるといい、と書いてあるんですね。

では、どうしたら自分に合ったコーチを見つけることができるのか、選び方が分からないと、よく質問されますので、今日はそれにお答えしますね。

1、コーチにコーチを紹介してもらう

コーチとして真剣に活動している人は大抵コーチ業界や仲間の情報を持っています。あなたに合うコーチは誰か、客観的に選んでくれるでしょう。誰か紹介して、とお願いして、嫌な顔をするコーチ、ネットワークのないコーチはそもそもお勧めできません。

2、気になったコーチにまずは問合せをしてみる

ブログやfacebookなどで多くのコーチは情報公開をしています。コーチの知人がいない方は、気になったコーチに直接問合せをしてみましょう。大抵のコーチは体験セッションや電話面談などを設けています。
その後、直感を信じて決めましょう。合わなかったときはきちんと連絡をして断ってくださいね。(きっと回答を待っているでしょうから・・)

3、まずはあなたがコーチを受けてどうなりたいかを明確にする

コーチをさまよう人の特徴に、コーチを受ける目的が漠然としているというのがあります。
コーチがいれば何とかなるのではないか、助けてくれるのではないか、という主旨であれば、コーチの存在は不満足でしょう。
コーチをつけてあなたがどうしたいのか、コーチをつける段階で目標がはっきりしていなくても構いません。何かを見つけたい、何かを変えたい、など、あなたの意志が良いコーチとの出会いを引き寄せます。

皆さんにとってご縁のあるコーチが見つかり、人生が進むきっかけになればいいなと思います。

 

IMG_1562

6月の公開コーチングセミナーの予定

2014/05/24

こんにちは。稲垣陽子です。

新緑まばゆい季節となりました。

6月の一般向けのコーチングセミナーについてお知らせします。

タイミングが合えばぜひお越しください。

 

【共創コーチング一日セミナー】

日時:6月1日 10:00〜18:00
場所:コーチング・ステーション(名古屋市金山)
主催:コーチング・システムズ
内容:コーチングを体系的に学びたい方のための一日セミナー。コーチングができるようになるために必要な、技術や考え方を実践を通して学んでいきます。
お申し込み/詳細はこちらから
http://coach-st.com/oneday

【人と組織の力を引き出すコーチング術】

日時:6月3日 13:30〜15:30
場所:桑名商工会議所 会議室
主催:桑名商工会議所女性部様
対象:部下を持つリーダーや管理職向けのセミナーです。
特に女性リーダー向けにお話をさせて頂きます。商工会議所会員の方対象となります。
お申し込み/お問い合わせはこちらから
0594−22−5155(桑名商工会議所様へ直接お問い合わせください。

 

【コーチング・ピア・トレーニング】

日時:6月21日 13:00〜15:00
場所:コーチング・ステーション(名古屋市金山)
主催:コーチング・システムズ
対象:コーチングを気軽に練習したい方のためのトレーニングです。コーチングの経験は問いません。どなたでもどうぞ
お申し込み/詳細はこちらから
http://www.coach-st.com/coachingpeer

 

【ライフワークスクール 本当の自分と出会う】

日時:6月28日/29日
場所:コーチング・ステーション(名古屋市金山)
主催:アイウエオフィス様
対象:自分の情熱のありかや大好きなことを切り口に、自分自身をじっくりと見つめ直したい方のための二日間プログラムです。
お申し込み/詳細はこちらから
http://www.lifeworkschool.com/seminar/detail/719/

水辺キラキラ

 

 

6月1日共創コーチング1DAYセミナーを開催します!

2014/05/14

<共創コーチング/Co-creative coaching 1dayセミナー開催します!>

546063_525515777474143_1600406238_n

 

 

 

 

 

6月1日に、私たちがプロコーチとして様々な方から学んだコーチングを、体系的に学べる1日セミナーを開催します。

私たちはコーチ・エィという世界一の素晴らしいコーチ養成機関でコーチングを学び、指南を受けながら、プロのコーチとして10数年、コーチング業に従事してきました。

その中で、日々目指し取り組んで来たものは、

「どうしたら目の前の人や組織が、上手く活くのだろうか」ということでした。

どうしたら、目の前の人が、自分の才能を感じながら目標に向かうことができるだろうか

どうしたら、組織が一つの方向に向かって、想像を超える可能性を発揮できるようになるのだろうか

どうしたら、人が、自分が自分であることを味わいながら生きていくことができるだろうか

しかしながら、それへの明確な答えはあるわけではなく、常に試行錯誤で、様々な学びが必要でしたし、探求は今も続いています。

でも、一番のヒントはいつも現場が教えてくれました。

組織には部下を上手に育てているリーダーや、チームを上手く回しているリーダーが、必ずではないですが、存在していました。

その人がリーダーになると、部下が元気に動き出すチームを作る上司がいました。

誰かに指示をされなくても、子どもたちが自主的に動き出すクラスを作る先生もいました。

彼らは、コーチングを知らずして、すでにコーチングを実践していました。 特別な何かを持っているという訳でもありませんでした。

彼らは何をしているのだろうか。

たどり着いたのが「Co-creative 共創の世界」でした。

 

Co-creative共創とは、お互いの創造性をかけ合わせて答えを引き出していくこと、と私たちは定義しています。

創造性、というと、特別な人にのみ備わった、特別な才能を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

以前ある有名な彫刻師が、彫刻とは新しい物を掘るのではなく、その木の中に元々ある物を見つけていく作業であると言っていました。

クリエイト(創造)とは、何もない所から新しい物を創りだすイメージがありますが、彫刻家に限らず、多くのクリエイターは、「すでにあるものに気づいてく作業である」というようなことを言っているのを見聞します。

そして、この感覚はとてもコーチングに似ています。

コーチングとは、コーチとクライアントが目標に向けて関わりを続けていく中で、二人で答えを見つけていく作業です。

つまり、コーチとクライアントの関わりが創造的(クリエイティブ)な作業であり、二人の創造性の掛け合わせによって答えが引き出されます。

誰か一人の創造性だけで上手くいく時代ではなくなりました。

多くの人の創造性をかけあわせ、新たな価値を創りだしていく、そんな関わりができる人が、今、結果として目の前の人を上手く活かせる人として、日々に違いを創りだしているのだと思います。

 

私たちの好きな言葉に

A dream you dream alone is only a dream,

A dream you dream together is reality.

一人で見る夢はただの夢、二人で見る夢は現実になる

byジョン・レノン

という言葉があります。

まさに夢を現実にするために、一人の力で何とかするのではなく、互いの力を引き出しあえる関係を創っていきたい。

相手も自分も活かしながら、うまくお互いの力を掛け合わせて新しい価値を生み出せるような人。 そんな人をここでは共創コーチ(Co-creative coach)と呼んでいます。

私たちは、共創がデザインできる共創コーチを育て、互いの力を活かしあえる世の中に貢献していきたいと考えています。

セミナーのお申し込みはこちらから

→ http://coach-st.com/oneday

422395_433296936720486_1272032200_n

任せる力

2014/05/12

こんにちは。稲垣陽子です。

「部下に仕事を任せることの大切さはよく分かっているけれど、なかなか仕事を任せることができない」というのは、多くのリーダーからよく聞く話です。

10日の土曜日に、ライフネット生命保険の出口CEOをお招きし「リーダーの任せ力を磨く」をテーマに講演していただきました。

出口さんもそうですが、できるリーダーは任せ方が上手です。

彼らたちに「任せるときのポイントは何ですか?」と聞くと、表現はそれぞれですが、決まって同じような意図の答えが返ってきます。それは、

「自分からやると手を挙げた人に任せる」ということです。

つまり、その人の能力とかキャリアとかそういうことだけではなく、やる気や前向きに捉える心構えなどを買って任せるということなのですね。

そして、その後には大抵、

「人の優秀さにはそれほど違いがある訳ではない。自分もリーダーだけど特別ではない。」というような言葉が続きます。

さらに人は失敗するものであり、あとは経験などの確率論だから、起こりうるリスクは常に計算しつつ委譲すればいい、ということを話してくれます。

 

しかし、ここでもう一つの疑問が出てきます。では、どうしたら部下が自ら「自分がやります!」と手を挙げてくれるようになるのでしょうか。

これもできるリーダーがやっていることを観察してみると、

「未来を語っている」という共通点が見えてきます。

自分が目指していることや、やりたいことを語っていく。それに対して興味を持った人、目を輝かせた人に「やる?」と聞いて、「やります!」と言った人に任せています。

多くの人が、「任せる」となると、大変だから誰かやって欲しい(このくらいやってよ)と言う押しつけ感だったり、あるいは、君の力を借りてこの一大事を成し遂げたい、大事なことだから失敗はしたくない等の、おおごと感があるように思います。

それだと任せられた方も相当のプレッシャーを感じますし、できればやりたいくないと躊躇してしまうのだろうと、自省も込めてですが(笑)、思います。

 

上手に任せられるリーダーになるために、まずは自分が「何を目指すのか」「どんな未来を実現させたいのか」つねにそれを軸にして動いていくのが大切だということを、と出口さんのお話を拝聴して、改めて思いました。

DSC_0188


TOPページご挨拶会社概要&プロフィールビジネスリンク集面談予約&お問合せ
社長インタビュー社内ドキュメント経営者コーチング実例・社員教育プログラム実績【社長.COM】メルマガYoko'sブログバックナンバー

▲このページの先頭へ
社長と社員の思いをつなげる【社長.COM】 このサイトのHOMEへ戻る 社長のためのコーチングサイト【社長.COM】 ご挨拶 会社概要&プロフィール ビジネスリンク集 面談予約&お問合せ